« ビジョナリー詐欺 | トップページ | 世界一やさしい »

2007.07.23

われらはみな、アイヒマンの息子、なのか

 近所でポリスが大量出動! しかしすぐ解散。

われらはみな、アイヒマンの息子』(ギュンター・アンダース 晶文社)
 ナチスの大量虐殺の責任者とされながら、裁判で「自分は職務を忠実に果たしただけだ」と言い放ったアイヒマン。本書は彼の息子に宛てたユダヤ人哲学者の公開書簡。
 個人が良心を放棄し「職務を忠実に果たす」ことで生み出されるおかしな事態は、ナチスほどではないにせよ、今でもそこらじゅうで見かける光景。どうしたらわれらはアイヒマン的世界に埋没せずに済むのだろうか?

|

« ビジョナリー詐欺 | トップページ | 世界一やさしい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: われらはみな、アイヒマンの息子、なのか:

« ビジョナリー詐欺 | トップページ | 世界一やさしい »