« 久々更新 | トップページ | ヤバイ会計@NOVA »

2007.09.27

ミャンマー情勢・雑感 タイとの比較など

 今まで旅行してきた中で一番人のやさしい国はどこかと聞かれたら、その一つは間違いなくミャンマーです。タイやベトナムあたりで向こうから寄ってくる連中にろくな奴らはいないけど、ミャンマーではほいほい付いていってもそういう心配がありません。中には悪い奴もいるんだろうけど、本当にホスピタリティあふれる人々という感じ。

 ただし、隣のタイがえらい勢いで経済発展しているのと対照的に、ミャンマー経済は思いっきり低迷しています。おいらが訪れた3、4年前は国際空港で飛行機降りた後、ターミナルに乗客を送迎するバスは日本の路線バスのお下がりでした。確か京急バスをそのまま使っていたような気がする。中心都市ヤンゴンでも高いビルなんか数えるほどしかないし、人々の着ている服や身につけているものも貧弱。バンコクからヤンゴンへは大阪から福岡程度の距離しかないのに、実際に訪れるとその経済的ギャップは痛々しいほどです。

 では、両国の経済格差はいったいどの程度なのか、ちょっと調べてみました。

                 ミャンマー            タイ

  • 名目GDP 約930億ドル(2005年)   1,906億ドル(名目、2006年)
  • 一人当たりGDP 219ドル(2005年)  3179ドル(2006年)
  • 経済成長率 5.0%(2005年)      5.0%(2006年)
  • 物価上昇率 17.6%(2005年)      4.5%(2005年)
  • 失業率 約10.2%(2006年度推定)    1.5%(2006年)
  • 総貿易額 輸出約30億ドル(2005年) 1,282億ドル(2006年)
  •              輸入約21億ドル(2005年) 1,260億ドル(2006年)

 上記資料は外務省Webより。ちなみにミャンマー政府は2003年以降、主要経済統計を発表しておらず、GDP関連はIMF推定、経済成長率と物価上昇率は世銀資料。統計を発表しないという時点でどの程度の政府かわかりますがそれはさておき、これだけの差が付いているのですから、そりゃ生活水準が段違いに見えるのは当然です(ただし、世界国勢図会に掲載されているミャンマーの一人当たりGDPは1174ドルで上記の数字とはだいぶ違いますが、それでもタイとの差は非常に大きい)。

 総貿易額の差も大人と子供以上。もともと社会主義経済政策で大失敗した後、1988年に国軍が政権を掌握してから開放的な経済政策を採ったものの、スー・チー女史拘束や民主勢力の弾圧でアメリカやEUの制裁措置を招き、このような現在の苦境に至るわけです。

 結局、政府の阿呆な失政の連続が、国民生活の苦境と隣国との恐るべき格差を生みだし、僧侶がデモに立ち上がる状況になっていることがわかります。で、テレビの報道を見ていたら民主化要求に力点が置かれている印象がありましたが、それ以前に国民は相当苦しい生活を強いられてきたことに留意する必要があると思います。今回の騒動の根は、ものすごく長く深い。

 それにしても、長嶋一茂にミャンマー情勢について意見求めてどうするつもりだったんだ、NEWS ZERO。

|

« 久々更新 | トップページ | ヤバイ会計@NOVA »

コメント

ご無沙汰です。
私も10年ほど前にミャンマーに10日ほど滞在してきました。
私はヤンゴンからマンダレーまで西武バス(側面にレオの絵)に乗りました。
ミャンマーは私にとっても「人が優しい国」という印象です。街を歩いていても本当にみんな親切です。「微笑みの国タイ」と言われていますが、比較にならないほどみんな素朴で、素直なやさしい国民との印象です。
ただ私が旅行した頃は、前回の騒動があった影響がまだ残っていて、大学が閉鎖されたままで、放り出された大学生が外国人相手のガイドなどをして生計を立てていました。
その後もずっとミャンマーのことが気になっていたのですが、今回このようなことが起こり、気をもんでいます。今度こそ、よい方向に向かってほしいと願っています。

投稿: takei | 2007.09.27 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー情勢・雑感 タイとの比較など:

« 久々更新 | トップページ | ヤバイ会計@NOVA »