« 白い恋人メモ | トップページ | 本当にオッケ ━━━━━━ (ゝ○_○) ━━━━━━ イ !!!!なのか? »

2007.11.28

船場吉兆メモ追記

 

先日触れた船場吉兆の件。新聞に出ていた同社の業績は、他の吉兆の名を冠する会社に比べて違和感あるなというようなことを書きました。それが少し気になっていたので、東京商工リサーチの企業情報をのぞいてみたら、どうも記事の通りで間違いないようで。

 数字を記しておくと、2005年4月期の売上は2億1000万円、利益については記載なし。2004年4月期は売上高2億円、利益200万円。老舗にしてはずいぶんプアーな利益率だし、1店舗あたりの売上を単純計算すると約5000万円ってことですから、かなり業績はよろしくないと思われます。もうちょっと細かく計算しておくと1店舗あたりの月間売上が約416万円、1ヶ月25日稼働とすると1日の売上は16.6万円ってことですから。やはり評点もY点(100点満点で43~41点に相当)。

 ついでにリスモンG-与信ナビの情報を見てみると、与信格付けは6段階で最低ランクのF。これは「取引には十分な調査が必要」で、想定倒産確率は「6%程度」というもの。こちらを見ても、ブランドの割に業績はついてきていなかったようです。

 船場吉兆に関して「おもてなしの心を忘れた」といった批判をよく見かけますが、この辺の講演録など読むと一連の不祥事は先代の教えを忘れたというより、ビジネスがうまくいかなくてそれどころではなくなった、という感じではないかと思われます。貧して鈍したといいますか。

|

« 白い恋人メモ | トップページ | 本当にオッケ ━━━━━━ (ゝ○_○) ━━━━━━ イ !!!!なのか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船場吉兆メモ追記:

« 白い恋人メモ | トップページ | 本当にオッケ ━━━━━━ (ゝ○_○) ━━━━━━ イ !!!!なのか? »