« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »

2008.11.19

景気ってなんだろね②

 7~9月期の国内総生産(GDP)は2期連続のマイナス。内訳をみると家計最終消費支出が0.3%のプラスだったものの、設備投資が1.7%の大きなマイナス、輸出-輸入(純輸出)が0.2%のマイナス。与謝野たんも「景気は後退局面にあり、先行きも下向きの動きが続く」と悲観的。

 給料あがらねえしサブプライムはあんなだし世界中からお偉いさんが集まってウダウダやってるしそりゃ景気悪くなってんでしょ、という直感的な理解はもはや誰だって持っているんだろうけど、どのようなメカニズムで日本の景気は悪くなっているのか、基本的なところを『景気ってなんだろう』を参考に整理してみる。

 まず、企業の設備投資がなんで落ち込むのか。設備投資は企業が将来の売上高が伸びると予想したとき、生産能力を高めるために増やされる。つまり、企業は将来の売上が減ると強く予想しているわけだ。では、何を根拠に将来を悲観的にみているかというと、やはり海外の景気悪化の影響が大きい。

<ここで、最近の設備投資を考えるうえで、設備投資が海外売上高の影響を強く受けるようになった点に、注意しておきたいと思います。(中略)
 設備投資の決定に当たって重要な売上高は、国内の売上高と海外での売上高から構成されます。海外売上高は輸出と海外の日本の現地法人(日本の会社の海外の子会社)の売上高から構成されますが、二〇〇〇年代に入って以降、日本では、両方の売上高が急増しています。一方、国内売上高は伸び悩んでいます。
 その結果、日本の設備投資は国内の売上高よりも、輸出を含めた海外売上高の増減や伸び率の変化を受けて変動するようになっています>(P58~)

 一方、純輸出のマイナスも海外の景気悪化が大きいわけだけど、「海外」といってもいろいろあるわけで。アメリカがクシャミすると日本は風邪ひくなんて言い方も昔はあったけど、あんまりいわれなくなったのは、日本の輸出先としての米国シェアが低下し、アジア諸国が上昇したからだろう。

<八八年には、日本の輸出先として、アメリカとカナダを中心とする北米のシェアが三六%を占めていました。しかし、〇七年になると、北米のシェアが二二%まで低下する一方で、アジア諸国のシェアが八八年の二九%から四八%へと大幅に上昇しました。なかでも、二〇〇〇年代にはいって、中国への輸出が急増しています。>(P75~)

 しかし、アジア諸国も米国への輸出によって稼いでおり、日本ほどではないかもしれないが、米国の景気悪化の影響を受け、その悪影響を日本も受ける。というか、下記の引用部分を読むと、モノを輸出して稼ぐ輸出立国モデル自体、もはや成立しないんじゃないかと。

<世界の経常収支の黒字のほとんどは日本と新興・発展途上国で、その赤字はアメリカとEUで発生しています。日本と新興・発展途上国が稼ぎ出した黒字のお金は、今度は、アメリカとEUに流れて、アメリカとEUに貸し付けられます。アメリカとEUはこの貸してもらったお金で、輸出以上に輸入するために必要なお金を日本と新興・発展途上国に支払うのです。(中略)
 なかでも、アメリカの経常収支赤字は驚くほど巨額です。たとえば、〇七年のアメリカの経常収支赤字は同国とEUの経常収支赤字の合計の七八%に達しています。
 以上から、アメリカ以外の国が輸入した以上に輸出したモノのほとんどは、アメリカが輸入していることになります。これをお金の流れでみると、世界が貿易で獲得したお金のほとんどは、アメリカが借金して吸収している、ということになります。
 世界の一国に過ぎないアメリカが、世界の経常収支の黒字にほぼ相当するお金を飲み込んで、世界中からモノを買いまくっている様子は、まるで、すべてのモノを飲み込んでしまうブラック・ホールのようです。
 仮に、アメリカの景気が大きく悪化して、そのブラック・ホールが飲み込める量が大幅に減少したとしましょう。現在のところ、アメリカに代わって、ブラック・ホールの役割を担える国は存在しません。そうであれば、経常収支の黒字国はアメリカが飲み込める量にあわせて、輸出を減らし、減った輸出にあわせて、国内の生産を減らすしかありません。これが、世界的な景気後退、すなわち、世界同時不況が引き起こされる有力なシナリオの一つです。>(P83~)

 こうしてみると、ちょっと前までの世界的な好景気はアメリカのブラック・ホールに各国が輸出品をブチ込むことで成立していたんだなあ。で、急激にそのブラック・ホールが閉じつつある今、どうやって景気悪化を食い止めるかを考えると、内需をいかに拡大させるかに向かわざるを得ないんだろうけど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

ば~~~っかじゃねえの!?

「ば~~~っかじゃねえの!?」の元ネタをはじめて見た。
グロ苦手な人は踏んじゃダメ。
元ネタの原型はさらにエグいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.10

カマ騒ぎ

 人にもらって数年使用していた中古の電子ジャーがついに使用不能になり、電器店へ行ってみたら炊飯器売り場がすごいことになっていますた。いや、高級機が売れているとは知っていたんですが、各社が10万円前後の製品をガンガンプッシュしているとは思わなかったので。それぞれ力の入った製品だけあって、コピーも心躍らせられるものがあるのでした。各社の高級機種のコピーを拾ってみるとこんな感じ。

象印 真空内釜圧力IH炊飯ジャー  極め炊き
沸とう前から、しっかり加圧。パワー圧力
好みの食感が選べる 7段圧力
薪火炊き  釜底の工夫で沸きあがる気泡、激しい対流を巻き起こす

タイガー 土鍋IH炊飯ジャー 炊きたて 土鍋釜・黒
土にこだわり、手間ひま惜しまず、丹精こめて三度焼きした本物の土鍋釜。
土鍋の側面まで広げた発熱体が「かまどの火足」を再現。
蒸気を感知し、温度・火力を最適にコントロールするタイガーだけの5つの「極(きわみ)センサー」。

サンヨー 圧力IHジャー炊飯器:匠純銅 おどり炊き
熱伝導率の高い純銅釜を採用 "おどり炊き" がさらにおいしく進化
熱伝導効率の高い純度99.9% 「匠純銅内釜」+高火力を実現する「熱封じかまど構造」
特許※1の可変圧力技術を吸水工程にも応用した「NEWおどり炊き炊飯方式」採用

三菱電機 IHジャー炊飯器/炭炊きシリーズ「本炭釜」 Wclass
炭素材料99.9パーセントの、贅沢な削り出し釜です。
ひとつひとつ、職人が丹精をこめて仕上げます。
IHと相性のいい炭素材料。釜全体が一気に発熱。

パナソニック スチームIHジャー炊飯器(1升炊き) SR-SV181P-K
「大火力竈釜(かまどがま)」搭載。おいしさを極めた炊飯器登場。
おこげが香ばしい「大火力竈釜(かまどがま)」
羽釜と炎と竈の効果を一体化。

 三度焼きの土鍋釜に炭素99.9%の削りだし釜、匠純銅内釜、大火力竈釜って壮大なるカマ騒ぎですな。三洋電機はおどり炊きが前年比4~5倍のヒットで、炊飯器事業からの撤退を免れたそうで。パナソニックの買収でどうなるんでしょう。それにしても意外に差別化、高級化にしのぎを削る熱い市場だったんだなあ。

 で、ちょっと調べてみたらこのご時世に電気炊飯器の生産実績は2004年以降、金額ベースで前年比UPを継続していて、2007年の生産数量は約449万台、生産金額640億5700万円。とはいえ、さかのぼってみると1994年には750万台、941億700万円生産していた。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.07

格差はつくられた

 各種の予測通り米大統領選は民主党のオバマ当選。しっかし、なんで一つの国の中に天国と地獄が存在するが如き極端な格差が放置され、生命に関わる医療保険制度もろくに整備されていない状態がずっと続いていたんだろうなあ。

 で、先日ノーベル経済学賞を受賞した民主党支持者ポール・クルーグマンの『格差はつくられた 』を読むと、こんな見解が示されている。

<グローバリゼーションや技術革新と言った時代の趨勢が、アメリカの所得配分にますます不平等と格差をつくり出し、少数のエリート層だけがぬきんでていった。台頭しつつあったエリート層に共和党が取り入ることにしたのは、数では劣るエリートたちが巨額の献金をすることでぜひ自らの要求を実現したいと思っていたからであろう。こうして両党の間には溝が生じ、共和党は拡大する不平等と斯くあの中の勝ち組を代表する党となり、民主党は取り残された人々を代表するようになった。
(中略)
 しかし、私はこの因果関係は逆なのではないかと考えるようになってきている。党派主義という政治的な変化こそが経済的な不平等と格差の大きな要因なのではないか。ニューディールの成果を逆戻りさせようとする右派の急進派が一九七〇年代を通じて共和党を支配するようになり、党派主義によって民主党との溝を深めてきた。そのため民主党は、これまで長年続いてきた社会制度を擁護しようとする真の保守派となった。
 急進的な右派が力を得たことで、ビジネス界は労働運動に対して攻撃を仕掛けることができるようになり、労働者の交渉力は劇的に減退した。経営陣の給与に対する政治的・社会的抑制力は消え失せ、高所得者に対する税金は劇的に軽減され、その他実にさまざまな手段によって不平等と格差は助長されてきたのである>(P9~)

 要はグローバリゼーションや技術革新より、アメリカの政治が右にシフトしたことが平等を促進してきた規制や制度を損ない、不平等と格差の拡大につながったというわけだ。

 でも、数からいうと金持ちなんて一握り。中間層と貧乏人を合わせた方が圧倒的多数になるはずで、なんで露骨に金持ち連中の利益にかなった政策を推進する者が過去、選挙で勝利を収めることができたのか。それは、「保守派ムーブメント」が一般大衆の感情にアピールする二つの要素を見出して、大衆支持基盤を掘り起こしたからという。

<その二つとは白人の黒人解放運動に対する反発と、共産主義に対する被害妄想であった。この支持基盤の出現は、政治的には周辺的な存在でしかなかった一九五〇年代の「ニューコンサーバティブ」を、長い道程の末、無視できない政治勢力へと押し上げた。>(P82~)

 レーガンは「小さな政府」を唱え福祉のむだ遣いや騙し取りを攻撃したけれど、それは黒人解放運動に対する白人の反発をくすぐるものだったらしい。福祉の恩恵を受けている者の多くが黒人だったからだ。自分たちの払った税金が黒人の福祉に使われることなどまかりならんと。日本人にはわからんところです。保守派ムーブメントはビジネス界の支持も得た。

 で、いよいよ格差は拡大し、中産階級もきつい状況に追い込まれている。調査によるとアメリカでは個人の破産件数が増大した。個人の借金が増えた理由は贅沢品の浪費ではなく、主な理由は住宅購入のためで、それは子供のためによい学区に住居を確保するためだったという。

<中産階級のアメリカ人は、出世競争に巻き込まれてしまっていた。彼らがどん欲で愚かだったからではない。子供にますます悪化する格差社会の中で、勝ち残るチャンスを与えようとしただけだった。そのような親の心配は当然のものである。人生の出発点でつまずくと、子供の人生の機会を台無しにしてしまうかもしれないのである>(P204~)

 その一方で出現した極端な金持ちたちは、カネの力で国家の政策に影響を及ぼすようになっている。いわば、一部の者がカネで国家が買えるという状況が生まれ、ますます格差は拡大しかねない。

 こうした認識と危機感が、オバマ旋風の背後にあったようだ。極端な富の偏在を是正する方向に今後の政策は振られるのだろう。その舵取りを担うのが黒人というのは、こうしてみると必然的というかハマリ役といえますな。

 ついでに記しておくと、本書は興味深いテーマを扱っているのに、なぜか他のクルーグマン本のようには面白くない。それはamazonのレビューでもあるように、翻訳の問題が大きいと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

大手にできないベルクの戦略

 

月刊商業界12月号特集「大手にできない小者の戦略」という特集の中で、新宿ベルク(BERG)の記事を執筆しました。「命知らずの記者さん」というのが不肖わたくしでございます。体験取材で厨房のなかで働かせてもらい、久々に筋肉痛になりました(汗)

 安い・早い・うまいを高いレベルで実現している上、商売とは誰のため、何のためにあるのか等々、いろいろな問題提起となっているお店(詳細は記事を!)なので、新宿に行く機会があったら ぜひ立ち寄ってみて下さい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »