2009.11.24

『うつ病をなおす』

 うつ病とはいったいどんな病気かを知るために、何冊か入門的なうつの本を読みました。その中から、よくまとまっていた『うつ病をなおす』(野村総一郎 講談社新書)のまとめを以下にメモっておきます。長いよ。

 うつ病とは何か? 現在の精神医学の考え方では、ほとんどのうつ病は以下の三つに分類されることになっている。

<実は「うつ病」と一口に言っても、いささか種類の異なる三つのタイプから成り立っている。「うつ病性障害」「双極性障害」「気分変調症」である。>

 それぞれのタイプについて、著者は具体的な症例をあげて説明している。「うつ病性障害」では、ベテラン小学校教師の嬉野さんと、小さなブティックを経営している宇都宮さんのケースで、もちろん名前は仮名である。

<職場でも学校でも問題山積のように感じられ、気持ちは焦るのだが、考えは進まない。とにかく体がだるく、何もかも投げ出したいと思うのだが、休もうとしてもかえってイライラするだけで、どうすることもできず、部屋をうろうろを歩き回る状態になるに至って、夫もさすがに以上に気付き、私のところに嬉野さんを連れて相談に訪れたのである。>

<昨日の商工会での時計屋の時野さんと、ラーメン屋の面藤さんの意見対立が気になる。これをうまく折り合いをつけないと、商店街全体を巻き込むトラブルになるかもしれない。(中略)最近のアパレル業界も変化が激しい。頑固に自分のセンスにこだわっていてはダメだという意識もある。どこかで勉強しなければ。焦る。いや、いや、それは自分の店のことだ。自分勝手だ。役員としての責任はどうなる。それやこれやの想いが駆けめぐった。
「もう解決方法はない。追い詰められた」
 そう感じた。
 こうして思い詰めた宇都宮さんは、衝動的に自宅で首を吊ろうとした。>

 その上で、うつ病性障害について次のように解説する。

<(両ケースとも)職場のトラブル、受験、多忙などの、まあどこにでもあるストレスがきっかけとして存在した。お二人とも、もともと地味だが、ひどく生まじめ、几帳面、頑張り屋、悪い面で言えば、頭が硬い性格の人である。うつ病性障害はこのような性格の人が、このような状況に陥った時に生じることが多い>

 一方、双極性障害はウツに加え、正反対の状態である躁を示すのがうつ病性障害との最大の違いである。このタイプはうつ病性障害と比べるとかなり特殊で、成人人口の1~2%がこの病気を経験するとされているが、最近の研究では3~4%とのデータもあるという。また、双極性障害とうつ病性障害の違いとされていることに、病気になる前の性格がある。うつ病性障害はまじめで堅い印象だが、双極性障害は「この人がいるとにぎやかになる、というタイプ(これを循環気質と呼ぶ)が多いようである」。

 気分変調性障害は「ひどくはないが、慢性的なウツ状態がずるずると続く」というものである。どちらかと言うと若い人に多く、躁状態を示すと気分循環性障害という別の数が少ないタイプに分類されることになる。

 いずれのうつ病も中心はゆううつ気分である。そう言うと誰でも感じる気分のように思えがうつ病のウツ気分と普通の人が感じるそれとでは、かなりの差があるという。

<その差を一言で言えば、うつ病のウツ気分は「質・両ともに重い」、つまり「強さにおいてはるかに強く、持続においてはるかに長く、苦しさにおいてはるかに苦しく、生活の障害される程度においてはるかに深い」ということになるであろう。>

 何を見ても聞いても、楽しさが湧いてこない。「つらさすら感じない、何の感情も湧かない」と表現する人も多いという。ただし、その空疎なすき間を埋めるかのように、イライラ気分が生じることもある。悲観的で後ろ向き、悪い事態のみが視野に入り、暗澹たる考えだけが頭の中をぐるぐる回る。この円環から抜け出す方法として、うつ病者はしばしば自殺に思い至る。

 うつ病の思考がさらに極端になると、妄想に発展することも稀ではない。ただし精神病のそれとは異なり、その特徴は自己否定にある。金持ちなのに「もうお金が一文もない」と考えたり、何の失敗もしていないのに「みんなに迷惑をかけて、死んでお詫びするしかない」と悲観的、自罰的な色彩を帯びるのである。

 ほとんどの場合、うつ病にかかると眠れない。一晩中、暗澹たる考えがぐるぐる回るのだから、その苦しさは相当である。食欲も落ちる。すべての欲望が低下するので、食欲も失せるのだ。体調も優れなくなってくる。

<いろいろな身体症状が出てくるが、多いのは一般的な疲れやすさ、頭痛、手足のしびれ、寒気、全身の汗、口がカラカラになる、めまい、肩こり、吐き気、ひどい便秘などである。>

 ただし、以上の症状は心と体の中のこと。周囲の人から見たときに、"元気なく見えない"ことも少なからずある。

<うつ病者はしばしば「必死で無理をして」「まわりにウツを気づかせないようにし」「その必死がばれないように、また必死で努力する」という性向があるので、結構動き、結構明るくしているように見えることがあるのだ。>

 また、前述した三つのうつ病以外にも、特殊なうつ病が存在する。仮面うつ病や非定型うつ病、軽症うつ病などである。

 治療の基本は生活面への配慮で、中でも重要なのが「可能なかぎり休養させる」ことである。だが、これが意外に難しい。仕事のある人が急に休みを取ることは困難であることと、うつ病者は「休むなんてとんでもない」と考えるからだ。周囲の人は叱咤激励をしてはいけない。気晴らしにに誘うことも大禁忌である。「何もせずにいることが基本だ。

 うつ病治療の中心は薬物療法である。投薬にはその道筋と順番を示した「治療薬アルゴリズム」が定められており、本書ではその内容が紹介されている。薬以外にも通電療法や磁気刺激法療法、精神療法などがあり、本書では認知療法について多くのページが割かれている

<その(認知療法の)基本は「人間の感情は、出来事によって生じるのではなく、その出来事をどう考えるかによって決まる」「だから感情の問題が生じた時には、考え方を変えるようにすればよい」というものだ。>

 さて、人はなぜうつ病になるのか。病因論はいまだ「確かな所見は乏しい」のが現状だが、著者は自身の仮説を次のように述べている。

<私はうつ病者の性格というのは、「遺伝子に根ざす重みづけ機能不全」から派生した「こだわり特質」に、さらに社会的な役割性が加わることにより、二次的に形成される面が大きいと考えている。社会的に役割を果たすに際して、「こだわり」とか「几帳面さ」は「ある確立したルールに従う傾向」を生みやすい。自己判断をせず、社会で「これがよい」とされている方向に従えば、判断を保留しながら仕事を進められるので、無駄なエネルギーを消費せずに済む。つまり、一種の自己防衛として、社会の価値観と一体化するのである。これらのことを長年にわたって学習した結果、うつ病者の性格は社会性を一層帯びるようになるのではないだろうか。こう考えると、本来的に「他人に配慮をする」ことをよしとする文化圏の日本において、うつ病者の性質が他者配慮的になることがうまく説明できる。>

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.10.08

例のニュースとご飯を大盛りにするオバチャンの店は…

 芸人としての島田紳助は、正直あまり好きではありません。常に漂うナルシスティックな香りや、お気に入りをファミリー化というか系列化していく感じとかがちょっと、ねえ。自分より立場の弱い女性マネージャーを殴って唾吐きかけておきながら「行列のできる法律相談所」をやり続けているなんて、タチの悪い冗談じゃないかとも思うわけです。

 そんな俺が島田氏の著書『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』を手に取ったのは、例のニュースを知った直後、古本屋の100円棚でたまたま見付けたからでした。

 ビジネス書としての本書には、確かにこの人は何軒も店を成功させてきたのだなろうと感じさせるノウハウが書かれています。合理性に基づく常識はずれの重要性や従業員満足を重視した店舗運営、「商売は交換なのだ」という認識に基づく知恵の出し方等々、たまたまタレントが店を出して成功したのではなく、背景に成功を導く要因が存在していることがうかがえます。

 著者はビジネスを始めようとしている人に対するアドバイスとして「ラブレターを書いたときの熱い気持ちを忘れないように」と言った直後に、「何かをやりたいという自分の気持ちに振り回されないように」と警句を発します。
「自分の用意できるお金と場所でやるということは、自分の都合でやるということだから、それえではお客さんのニーズに合う可能性が低くなってしまう。失敗の可能性は高くなるということだ」
 こうした夢の持ち方と客観的な感覚の両立が、著者がビジネスで成功している大きな要因なのだと思います。

 でも、芸人本として本書を眺めると、俺にはやっぱりナルシスト振りが鼻につきます。得意げに自作の社歌を披露した後に「どうだろう。少しでも熱い気持ちになってこないだろうか」と読者に問いかけるくだりなんか、尻がむずがゆくなるといいますか…。

 ここで熱い気持ちになれるタレントさんはヘキサゴンファミリーで面倒みてもらえるけど、逆に鼻白んでそれを態度に出しちゃうような人は逆鱗に触れるのかなあ。実際はどうだったんでしょーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.25

職場の理不尽との戦い方

『人が壊れてゆく職場』笹山尚人 光文社新書

 突然の賃金カットや解雇、あるいはパワハラなど職場で起こる理不尽な事態を労働法でとらえるとどう解釈され、どんな対抗策が取れるのか。本書は労働事件を取り扱う弁護士である著者がこの問題について、実際に関わったケースをベースに解説している。その意味では理不尽な使用者に対する労働者の戦い方がテーマであり、ちょっとタイトルと内容にはズレを感じるけれど、取り上げられている事例はとても生々しく、近年の労働環境の劣悪さの一側面を切り取っていることは間違いない。

 有料職業紹介で働いていた人が突然クビを切られたケースの中で、著者はこんな感想を述べている。

<労働者派遣の事例を扱っていてよく感じるのは、派遣先の「ユーザー感覚」である。つまり、派遣先は、人間を受け入れて仕事をしてもらっているというのではなく、商品や機会を納入してもらってニーズを満たしている、という感覚を持つのである。この感覚は、派遣労働者が自らの思い通りにならないとき「不良品」「バグ」(瑕疵)といった感覚を持つことにつながる。だから「不良品」や「バグ」をなんとかしろ、と派遣元に文句を言うようになる。それは、不良品を与えられたときに正常な商品との交換を求めるように、思い通りになる派遣社員を派遣し直せという要求になっていく。思い通りにならない派遣社員を人間扱いしないのである。>

 昨今の労働者の窮状に関する分析など著者の分析にはあまり同意できないところもあるのだけれど、こうした「ユーザー感覚」が労働者を一人の人間として取り扱わず、当然の賃金支払いをしない、年次有給休暇を認めない、フルタイムでも社会保険に加入させないといった企業の行動につながっているとの指摘は、昨今の雇用問題のかなり重要な視座になると思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.14

景気ってなんだろね

 金融危機の問題やら格差の拡大の問題やらで、経済に関して色んな人が色んなことを語るようになったけど、ポジショントークだったり私怨混じりだったりでどうもいまいち信憑性にかけるものが多いなぁ、という感じ。

 現在の経済状況について適切かつわかりやすく書いたテキストはないものかと探していたところ、とても良い本がありました、ありました。

景気ってなんだろう 』岩田規久男 ちくまプライマリー新書

 マクロ経済の動き方の基本的な説明を土台に、景気のディカップリング説とその信憑性、景気が拡大を続けたのに給与が上がらなかった理由、サブプライムローン問題とその影響など、アップトゥデートなテーマの分析と解説が非常にわかりやすくなされています。

 おかしな論説に惑わされないためにも、激しくお勧めの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.10.04

新宿駅最後の小さなお店

 日本一の乗降客数が新宿駅というのは誰でも知ってる雑学。で、具体的な数字でいうとどのくらいなんだろうとググってみたら一日平均78万5801人(JR東日本)だそうで、そりゃあんだけゴミゴミするわけですね。

 その新宿駅東口から歩いて15秒で営業しているカフェの店主が書いた『新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? 』は出色の経営書でした。

続きを読む "新宿駅最後の小さなお店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

告知です

 制作をお手伝いした書籍が発売になりましたので告知など。

儲かるオフィス 社員が幸せに働ける「場」の創り方』紺野登著 日経BP社

 オフィスというと設備などの物理的な話になりがちですが、本書の焦点はそこではありません。ナレッジワーカー同士の自由闊達なコミュニケーションや力強い相互作用から新たな知を生み出すために、都市空間やサイバー空間を含めすべての働く「場」をどのようにデザインしていけばよいのか。それが本書の主題であり、国内外の豊富な先進事例に基づいて、知識社会におけるハッピー・ワークプレイスづくりのあり方を提示しています。

 オフィスづくりにとどまらず、組織やコミュニティの活性化、あるいは「場」の創出などのテーマに関心のある方は、ぜひ手にとっていただければと思います。

 また、書籍の発売と同時に未収録エピソードやアンケート等を掲載したサイトも下記URLに開設されているので、ぜひご覧になってみて下さい。

Happy Workplace 企業経営の命運を握るワークプレイス・デザインの新潮流

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.24

働く人にお金が回ってこない理由

 経産相の経団連に対する賃上げ要請や新総裁に決まったこの方の話なんかを見ても、今後の政府政策は労働分配率を高める方向に向かいそうな雲行きです。でも、ちょっと前まで長い景気回復が続いていたのに、なんで富は労働者に分配されてこなかったのでしょう? 日本企業は従業員重視だったはずじゃないの?

なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか』(北野一 ダイヤモンド社)はこの問いに対して「慢性的金融引き締め」という表現を用いて説明しています。

続きを読む "働く人にお金が回ってこない理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.03

STUDY HACKS!

 『STUDY HACKS!』読了。学習を楽で快適にするノウハウの数々。一番参考になったのは著者がアイデアの実行と効果検証のプロセスそのものを楽しんでやっているところでした。

 がむしゃらに効率を追いかけるだけでは、そら続きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.02

『やる気!攻略本』

 仕事の資料を買ったついでに『やる気!攻略本』購入。俺のためにあるようなタイトルではないですか、と思ったものの、評価はちと微妙…。

続きを読む "『やる気!攻略本』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.20

貧困を語る者の貧困

 下流社会やワーキングプアがメディアのキーワードになって、これらのテーマを扱った本が増えているけれど、人々の同情を集めやすいテーマであるのを良いことに、けっこうテキトーな話を紛れ込ませている本も見受けられる。

ルポ 貧困大国アメリカ』もそんな一冊。

続きを読む "貧困を語る者の貧困"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧