« NPO法人IC協会理事長 秋山進 さん④ | トップページ | 人材開発IC 岩松祥典さん① »

2006年5月18日 (木)

NPO法人IC協会理事長 秋山進 さん⑤

Akiyama2_1

私がICの方たちの話を聞いていて意外だったのは、折にふれクライアントに対する愛着や思い入れが感じられることだ。雇用契約ではなく業務委託でバリバリ仕事をしている人というと、何かドライなイメージがつきまとうが、実態は少し異なるように思う。

「そこの会社の人として仕事をするのがICですからね。やはり、それぞれの会社に対して愛着がないと。たまには腹の立つことはあるでしょうけれど(笑)、ICは契約先の会社が成功を収めるためのお手伝いをしていて、その会社や商品、お客様に愛着をもって仕事に取り組まないと成功はできませんから、愛着があるのはいいことだと思います。

『個人と組織は対等に』っていつもマスコミで書かれるんですが、ICにとって企業はお客さんです。なぜ、対等になるかわからない。確かに契約するか否かの時点までを見れば対等です。社員だと、会社から『明日から営業行け』といわれたら、はいと返事するか辞めるしかありませんからね。でも、お客さんに対して『あなたと私は対等です』なんて言わないでしょう。お客さんのななめ後ろぐらいにポジションをとってサポートするのが僕らの仕事ですから対等ということは決してないし、そういう言い方は誤解を招いてしまう」

個人と組織の対等性を強調する論者は、どうも旧来のパラダイムから抜け出せていないようだ。要するに、ビジネスの関係で組織と個人がつながるICというあり方に、搾取する経営者と搾取される労働者という構図を持ち込むからピントのずれた話になってしまうのだ。

IC協会が値段を決めろ、団体交渉に近いことをやれ、という論者の方がいますが、こういう議論は旧パラダイムの典型ですよ。個人は弱い、だから連携せよという。しかし、IC協会は違うんです。基本的に強い個人の集まりなんです。値段表をつくったほうがいいかとみんなに尋ねると、8:2の割合でいらないという人のほうが多い。そんなの自分で交渉するし、変に価格を設定され、そこに引っ張られて安くなるのは嫌だというわけで、僕にとってすごくうれしいことです。

個人は決して弱くありません。もちろん、実際にはその人とお客さんとの関係によって、強い立場・弱い立場といろいろです。ただ、がんばって強い立場として認められよう、個人の力で立とうというのが僕たちの基本的な考え。弱い個人が集まってなんとかしよう、という発想は毛頭ありません。労働組合的思想とはまったく違います。

IC協会はたくさん人が集まることで保険に安く加入でき、いろんな領域の人が集まることで協力しあうことができるという、規模の経済、範囲の経済のメカニズムでやっているんですね。その意味では極めて資本主義的な発想で運営しています。派遣労働者や偽装請負の問題がクローズアップされていますが、日本におけるICはそことは別の世界、というブランドはある程度確立されてきたと思います。

確かに、最初独立したときは、みんな右も左もわからないし、『何、あの人?』なんていわれてしまうことだってあります。でも、その中で自分なりに強いところを見つけて能力を発揮していけば、だんだん『この世界では彼、すごいよね』といわれるようになり、最終的に強者になれるわけですよ。誰もがみんな強者になれる。

さっきの話と矛盾するようですが、本当は、人間はそんなに強くない。でもIC協会は強くなろう、一人で生きていこうという人の団体にしたい。実際、すぐ『協会でなんとかしてよ』という人は全然いないし、みんな一人ひとりがんばっておられる。IC協会は、すでに強者になっている人と、強者になれる素質とメンタリティを持った人の集まりなんです」(了)

【リンク】

NPO法人インディペンデント・コントラクター協会

http://www.npo-ic.org/index.php

IC協会理事たちで綴る、四方山コラム「となりのIC ~ちょっと良い話・痛い話~」

http://npo-ic.no-blog.jp/main/

インディペンデント・コントラクター 秋山進事務所

http://akiyamasusumujimusho.cocolog-nifty.com/main/

|

« NPO法人IC協会理事長 秋山進 さん④ | トップページ | 人材開発IC 岩松祥典さん① »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPO法人IC協会理事長 秋山進 さん⑤:

« NPO法人IC協会理事長 秋山進 さん④ | トップページ | 人材開発IC 岩松祥典さん① »