« 人材育成・組織開発IC 中村文子さん② | トップページ | 人材育成・組織開発IC 中村文子さん④ »

2006年7月 3日 (月)

人材育成・組織開発IC 中村文子さん③

無料セミナーでネットワークを広げる

 外資系企業で人材育成・組織開発を中心に充実したキャリアを送ってきた中村さんが、会社を退職しICとして独立したのは2005年1月である。

「私はプロジェクトが立ち上がってメンテナンス段階に入ると『次は何をしようかな…』と考える性質なのですが、一つの会社の中で新しいことばかりはできません。もう一度転職してトレーニングマネージャーをやるか、研修会社所属のトレーナーになるか、個人事業主としてやるか、3つ選択肢を考えました。そんな頃、たまたまIC協会のイベントに参加して『こんな働き方もあるんだ』と知ったんです。

 他企業のトレーニングマネージャーの話もあったのですが、人事の方とお話しても今ひとつピンとこなかった。結局、会社や業界を変わっても、基本的には自分にとって同じ仕事。だったら、昔からいずれ独立したいと思っていたので、ICでやってみようと決めました。もしダメでも、またどこかの会社で働けばいいわけですし。

ホテル業界では同じ人がいろいろな職種をまわっていくので、人事業務だけをずっとやっていた人はあまりいないんです。ホテル業界に加え、他の業界でも人事をやっていた私にはここにビジネスチャンスがある、という読みもありました。

 独立に向けての活動としては『足で稼ぐ営業はしない』と決めていたので、まず自分のホームページ(HP)とメルマガを立ち上げました。HPをつくるにあたり、自分は何をどういう風に売っていくかコンセプトを整理。続いて、自分の紹介をかねてホテル業界の方を対象に人材戦略をテーマにした無料セミナーを実施しました。開催したのは独立した翌年の3月で、30人くらい参加者がありました。

 こうやってきっかけをつくっていくうち、春以降からいろいろな仕事の依頼がくるようになりました。セミナーでつくったネットワークから仕事のご相談が入るようになったことと、独立前に勤務していたヒルトンジャパンではトレーニングの年間サイクルが4月スタートなので、その影響もありました。

 ヒルトンでは、辞める前から『4月からまたお願いします』という話をもらっていました。会社によっては自社を辞めた人をぜったいに使わないところもあるようですが、ヒルトンジャパンでトレーニングの管理をしている人と私はずっと一緒に仕事をしていたこともあって、私は何の問題もありませんでした」

|

« 人材育成・組織開発IC 中村文子さん② | トップページ | 人材育成・組織開発IC 中村文子さん④ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人材育成・組織開発IC 中村文子さん③:

« 人材育成・組織開発IC 中村文子さん② | トップページ | 人材育成・組織開発IC 中村文子さん④ »