« 人材育成・組織開発IC 中村文子さん③ | トップページ | あとがき »

2006年7月 4日 (火)

人材育成・組織開発IC 中村文子さん④

今の働き方のほうがハッピー

 中村さんは独立して3ヶ月程度、ホームページやネットワークづくりなど、体制づくりに注力していた。ということは、その間は収益の発生する仕事はしていなかったわけだが、不安はなかったのだろうか。

「フリーで働いている人は、固定の仕事がない時期がありますよね。ずっとスケジュール表が真っ白だぞ、というような。その状態がすごく不安に感じる人は、こういう形の働き方はできないですよね。私はあまり不安を感じません。

 収入面では、会社に勤務していた時の年収より1.5倍売り上げようと目標を立てて、初年度からクリアできました。もちろん今は経費が含まれているので単純比較はできませんが、最初の3ヶ月ほど仕事をしていなくても目標を達成できたので、よし、今年はもっとがんばろうと思っています。

 しかし最初の1年間だけ無事に過ごせた、という結果になってはしょうがないですからね。昨年は大きな案件が1件ありましたが、今年はそういう予定はありませんし、これから長くやっていくためにはどうすればいいのか、きちんとビジネスモデルを考える必要があります。

 以前の働き方と比べると、今のほうがハッピーです。些細なことですが、電車通勤がなくなりましたし、自分の体調をみながら仕事をできるのもいい。同僚との楽しい時間はなくなりましたが、『なんで私が出席しなきゃいけないの…』という会議もない。その意味では、ストレス管理をしやすくなりましたね。

 自分で即断即決できるのもICのいいところでしょう。誰かにおうかがいを立てる必要など一切なく、全部自分で決められる。リスクを取っている不安はありますが、実店舗を借りたり在庫を抱えたりはしてないので、大きな負担もない。仕事場は自宅ですし、設備投資はパソコンと電話ぐらいですからね。

 一日の動き方としては、研修のある日は早めに会場の近くに到着するようにして、5~6時に研修を終え、帰宅して食事してメールチェックして就寝します。研修がない日は自宅で研修プログラムのつくり込みをしていることが多いです。集中したいので、そういう作業をする日は最初から1件もアポを入れないようにする一方で、クライアントとの打合せ等はなるべく同じ日に固めて入れるようにしています。

 自宅で仕事をするときは、必ず9時には仕事をスタートすることに決めています。そう決めておかないと、いつまでも寝てしまいますから。そして、必ず犬の散歩をする。愛犬と一緒にいる時間が増えたのも、ICになってとても嬉しかったことです。

 今後の展開は、あと3年はホテル業界を中心に組織開発と研修の仕事を請け負いながら、それ以外の分野を広げていくきっかけをつくっていこうと思っています。一つ新たな分野になるかなと考えているのが、企業のCS(顧客満足)向上のお手伝い。ホームページで私がホテル業界の経験が長いことを知ったある不動産販売会社からそんなご相談をいただいて、逆にこんな切り口もあるのかと気づかされたんです。

 CSに取り組もうとする企業がよく見落としがちなのが、表面的な部分だけ改善したところで根本的な部分の改善に着手しなければ長続きしない、ということです。ホテルのサービスがきちんとしているのは、もちろん接客面の訓練もあるのですが、モチベーションを高め、かつ長続きさせる仕組みが社内にいっぱいあるからです。今後はこのテーマを追求して、業務の幅を広げていきたいと考えています。

|

« 人材育成・組織開発IC 中村文子さん③ | トップページ | あとがき »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人材育成・組織開発IC 中村文子さん④:

« 人材育成・組織開発IC 中村文子さん③ | トップページ | あとがき »